RADWIMPS/DADA:新譜レビュー


ListenJapan FindYourMusic
50音検索
アルファベット検索
ジャンル検索     音楽ニュース    ▼歌詞 

キーワード検索 
 アーティスト名
 歌詞検索(β版)
   

ListenJapan 夏フェス特集2013


ホーム > 新譜レビュー > RADWIMPS/DADA
RADWIMPS/DADA
ジャケットイメージ
タイトル:DADA
アーティスト:RADWIMPS
CDシングル(12cm)
2011/01/12
EMIミュージック・ジャパン
税抜価格:933円
収録曲:
1. DADA
2. 縷々

クリックすると各ショップ該当作品を購入できます


シングル「マニフェスト」と「携帯電話」を昨年6月に突如2枚同時発売し、幾つかのフェスに出演したRADWIMPS。今年はこの「DADA」を出した後、続いて2月にシングル「狭心症」、3月には『アルトコロニーの定理』以来2年ぶりのアルバムをリリースし、4月からはツアーと、いよいよ本格的に活動再開である。
それにしても攻撃的な曲だ。前2作の「マニフェスト」と「携帯電話」は、アイリッシュ・トラッドやカントリーのテイストを持った、穏やかで優しくユーモラスな楽曲だった。だが、この「DADA」はマーチング・バンドのように連打される太鼓から始まり、電話のベルやスクラッチを混ぜつつ、轟音ギターでブレイクするミクスチャー・ロック。「おしゃかしゃま」の発展版と言ってもいいだろう。とはいえサウンド以上に強烈なのが、野田洋次郎の辛辣なスポークン・ワード。“生きてる間すべて遠回り すべて大回り”なのに、我先に前へ行こうとする現代人を“鬼畜の極み 南無阿弥陀仏”と断罪する言葉の連射砲ぶりには驚嘆を禁じ得ない。人は生を受けた瞬間から死という出口に歩むという事実を把握した上で“近道がしたいなら すぐそこにあるよ 壱、弐の、参で 線路へ”などと歌う偽悪的なコーラスも衝撃。常識に反旗を翻す反芸術=ダダイズムと、駄々と、ダダ漏れの言葉遊びのようなタイトルといい、パズルのように複雑なアンサンブルながら抜けのある音像といい、ラッド活動再開の狼煙として最適な1曲。
一転して、弾き語りにバンドが寄り添うようにフォーキーなブルースのカップリング「縷々」も好曲だ。(青雪吉木)

新譜レビュー一覧へ戻る
東京IT新聞

 

最新ヘッドライン 
音楽ニュース さらに詳しく RSS
4月24日0時30分更新
玉置成実が「めぐりあい」「暁の車」など歴代ガンダムシリーズの名曲をカバー
listenjapanをフォローしましょう
ページアクセスランキング  
【アーティスト人気ランキング】
4月22日0時0分更新
1位
「現代の侍」と呼ぶにふさわしい圧倒的な存在感を誇る宮本浩次(vo&g)を中心に、石森敏行(g)、高緑... ...続きを読む
エレファントカシマシ
2位
06年にバンド結成10周年を迎えたJanne Da Arcが、更に高いステージを目指すべくソロ活動を... ...続きを読む
Acid Black Cherry
3位
HIDE、navi、92、SOHという男性4人組で構成されたヴォーカル・グループ。02年、現プロデュ... ...続きを読む
GReeeeN
4位
5位
6位
7位
8位
9位
10位

音楽ダウンロード・音楽配信サイトのListenJapan
会社案内プレスリリース採用情報個人情報保護方針サービス案内免責事項お問い合わせ著作権管理団体許諾番号

Copyright c 1999 - 2014 Listen Japan. All Rights Reserved. 音楽ダウンロード・配信サイト:ListenJapan内の無断転用を禁止します
※iPhone、iPad、iPod、iTunesはApple Inc.の商標です
※"WALKMAN"、"ウォークマン"およびそのロゴは、ソニー株式会社の日本国およびその他の国における登録商標または商標です